『ザ・ロード』という映画を見て

ジョン・ヒルコートという名前には覚えが全く無かったが、それもそのはず、これまではミュージックビデオを多く手がけており、映画の監督はこれが4作目。前の3作はインデペンデント系のようで、題名を見ても『亡霊の檻』とか『プロポジション-血の誓約-』とか、しょーもなさそうなのが続く。

そんな彼に、ピューリッツァー賞受賞作品の原作を任せるんだから、大抜擢と言えるのだろう。それまでの彼の仕事に、プロデューサーの目に留まるものがあったのだろうが。 それにしても、欧米人って終末思想が好きだね。これも、人間を極限の状態に置いて、そこから人間性の本質を探るスタイルを取っている。

映像からわかるのは、おそらく戦争とかではなく天変地異によって世界が崩壊したのだろうということ。

親子の物語のバックには、悲惨な映像が最後まで続く。多くの人間が人喰い人種と化した中でも、父親は“善き者”を信じ探して息子と旅を続ける。

様々な苦難にも耐えるが、その行動規範は自分たちが生き残ること。

その精神だけでも恐ろしく強いものだが、まだ純真な心を忘れない息子には、ときどき父の考えがわからなくなる。

人喰い族から逃れるのはいいが、途中で行き会った老人を信用しなかったり、荷物を盗んだ人間を死ぬとわかっていながら裸のまま放り出したり。

極限状態に置かれると、モラルというのは崩壊しがちなのはよくわかる。

そこで人間の本質が問われる訳で、そういう意味では考えさせられる部分は多くある。

ときどき、母(シャーリーズ・セロン)がいた頃の映像がインサートされる。

何も無く幸せだった頃、天変地異の起こり始めた頃、未来が見通せなくなった頃。天変地異の起こった頃に息子は生まれたのだが、彼女は「この子が生まれてから私の心が死んでしまったの」と言って、逃げようと言う父の説得を振り切って、一人家を出て行くことによって死を選ぶ。

母親役に違和感の無くなった彼女だが、それでも美しさだけは残っている。演技も上手いしね。と思っていたら、オスカーを獲ってたんだよね、この人。

父にとっては息子が希望、息子にとっては父親が希望。その希望の父親が死んだことで光は断ち切られたかに見えたが、ガイ・ピアース家族という“善き者”に出会えたことで、新たな光が射し込むラスト。このあたりは、救いを見出せないと、ただただ暗いだけの映画になっちまうから、このラストは良かったんじゃない?

息子をやったこの子役は、演技も自然でいいね。ただシャーリーズ・セロンに似ていて、もしかしたら本物の親子じゃないかとも思った。

でも、もう14歳なんだね。そう思って見ると、ちょっと幼いような感じがする。

『名前のない女たち』という映画を見て

AV女優でも、“企画モノ”に出演するその他大勢的な扱いをされる女優の物語。

『ガールフレンド・エクスペリエンス』のように、本物のAV女優が演じているのかと思ったら、ちゃんとオーディションして選んだんだってね。

このテの題材って、本物のAV女優にやらせれば演技が下手糞で内面が伝わってこないし、演技ができる女優だとリアル感が無いし。難しいね。

結論から言うと、何を言いたかったのかがわからない。

キャッチコピーは「生きてるふり、やめた。普通の女の子たちの赤裸々な物語」とあり、劇中でも「桜沢ルルも、小倉淳子もどっちもあたしなの」というセリフがあったが、何もAV業界でなくてもいいように思うが。

しきりにどぶ川の、それも下から見上げるショットが出てくるが、これもテーマのうちの一つなのかもしれない。底辺に生きる人間ということか?

映画の最後には、ルルもその水も無いどぶ川のボートから抜け出すが。

草野イニという芸名には笑ってしまったな。

誰かと思って調べてみたが、桜沢ルルのファンの役をやったデブヲタだった。

そいつが撮影現場で殺人事件を起こすんだが、その間誰も止めようとか逃げようとか、ましてや警察に通報しようとしなかった。なぜ?

AVスカウト&(綾乃の)ヒモの役で新井浩文。キャラに合ってはいるのかもしれないけど、いつまでもその路線でいいのか?

その新井浩文が、チンピラの女に手を出したということによって、絡まれる場面。金属バットで2回も殴られたのに、すぐ立ち上がって反撃。また石で頭を殴られても反撃。あり得ないでしょう。しかも、綾乃の方も、(妊娠している腹を含めて)かなりやられたのに、流産しなかった。

その他、色々と突っ込みどころはある。というか、つまんないからそっちの方ばかりに目が行ってしまう。

ルルが綾乃の部屋を訪ねたとき、インターホンのモニターがズームインしたり。

その後二人が飲んでるうちにビールのかけあいとなり(ここまではわかるが)、なぜわざわざパンツまで脱いで素っ裸になるのか?(サービスショット?)

とある飲み屋で、ホステスの出した名刺に書いてあったメルアドが、“@bocomo.ne.jp”。

そして最後は、ボートから抜け出したルルが海を見つめて終わり。

何か思わせぶりな印象を残したかったのだろうが、カッコつけにしか思えない。

ラストにかかるテーマソング「バージンブルース」を歌っているのが戸川純。

まだいたんだ~!? 自殺したんじゃなかったっけ? あ、自殺したのは妹の方で、本人は未遂で済んだんだっけか。

AVプロダクションの社長で出ていたのが鳥肌実。観ている間は気づかなくて、エンドクレジットでわかった。頭髪も怪しくなってきているし、えらい年とったなあと思った。

一つ一つ確実に!

今月は、在宅のお仕事があまり上手くいっていません。

先月のようにまとまった仕事がもらえると嬉しいのですが、毎回そう上手くはいきませんね。

それでも私は、絶対に達成したい目標があるので日々努力中です。

やっぱりどんなこともそうだと思うのですが、やってみないと分かりません。

一つ一つ確実にこなしていくことが大切だと思います。

やってみて初めて、これはこうした方がいいとかこの仕事をやるにはこうしたらいいというのが出てくるのだと思います。

なので、まずは今の私に出来ることは何か?

これを考えながら頑張ります!

主人との約束も大切にしたいですし、これからの生活を充実させるためにも頑張りたいです。

育児をしながら家事・仕事に忙しい毎日ですがそれでもとっても充実しています。

今、ここで自分のスキルを身に着けてこれから何か役立てることができたらいいなと思っています。

目標があるのとないのでは全くやる気が違いますよね。

少しずつではありますが、頑張りたいと思います。

『ゲキxシネ 蛮幽鬼』を見て

『ゲキxシネ 蛮幽鬼』はアレクサンドル・デュマの「モンテ・クリスト伯」を翻案した舞台劇。

昔読んだ、というか読まされたなあ、お袋に。岩波文庫のやつ。最初のうちは苦痛だったけど、復讐劇が始まると面白くなってきてね。でも読書は嫌いな頃だったから、読むのに何ヶ月かかかったはずだ。この舞台を観ると、「モンテ・クリスト伯」というよりも「巌窟王」といった方が当てはまりそうだな。

それにしても舞台装置に、金がかかってるわ~。舞台が回転するのは当然で、油圧を使って上から床下まで移動させることまで。これじゃあそれなりの設備が整った劇場じゃないと無理だろうし、地方巡業なんてこともなかなか難しいだろう。だから、大劇場でないとペイできない気がする。

3時間の舞台ということで、やってる俳優たちも大変だろうが、観る方としてもどうかなとは思っていたが、途中に休憩があったせいもあるだろうが、進行自体も面白く飽きることは無かった。

堺雅人のにやけ顔もどうかと思っていたが、それを逆手に取ったような演出でにやけ顔が逆に活きていた。上手い演出だ。

それと早乙女太一の殺陣は、さすが大衆演劇出身。ただ大衆演劇では、今回のようなそんなに広い舞台も少ないだろうが。

「今は誰が舵取りをするかにばかり熱心で、誰も行き先を決めない」というセリフがあったが、今の政治家(政治屋か)連中に聞かせてやりたいものだ。

それにしても、出てくる連中の殆どが死んでいく。主要キャストで生き残ったのは2人だけ。殺し過ぎちゃうん?

飛頭蛮も最後に死ぬのだが、総ての罪を自らが被って死んでいく様は、まるで「樅の木は残った」の原田甲斐。平幹二郎の名演が思い出される。

挿入歌の作詞に森雪之丞の名前があったが、彼はもう過去の人かと思っていたんだが、まだ56歳なんだね。アイドルの歌を結構手がけているイメージがあったし、最近歌自体も聴かなくなっているから、もう死んだもんだとばかり思っていた。

美容室でロングからボブへ

久しぶりにしたボブ。
なんでか、2年近く伸ばしてきた髪の毛。
でも、なんで伸ばしていたのか全くわからなくなったんです。
きっと私はヘアアレンジがしたくて伸ばしていたのと、髪の長いお母さんになりたいと思っていたんだと思います。
だからずっと頑張って伸ばしていました。
でも、それも少し飽きてきたので切ろうと決意しました。

いざあびこと長居にある美容室THIS&THATに行っても、どうしようか悩んでいました。
こうした方がいいのか、こっちがいいのか・・・。
でも、ここまで切ってしまうとハネるよなとか・・・悩みました。
結局、最後は決意して切りました。
切る前まではかなり、緊張していました。
昔はすごく短かったこともあるのに忘れてしまうんです。

私があまりにも悩んでいたので少しずつ切って切ってくれました。
そのおかげで想像がついて最後は思いっきり行けました。
とても面倒なことを言いましたが嫌な顔しないで綺麗に切ってくれた栄気さんです。
やはり、大阪住吉区であびこと長居で長年やってきた美容室であって色々な丁寧な対応をしてくださいました。
KIDSのキッズカットに力をいれているようでうちの子供もお願いしたいと思っています。
ホームページはこちらからです。長居 美容室
また、これからは伸ばしていこうと思います。